Voice

PREV BLOG LIST NEXT

53020008.jpg
@2013 Hasselblad



-- 薄れゆく遠い記憶 --


10代前半のある時、ある夢を見るようになった・・・


納屋の様な所でご飯を食べてる自分

秋祭りのお囃子の音

地蔵祭りなのか、お地蔵のまわりで集まる人

大きな和室の部屋。独り遊んでいる自分 色はモノクロ


住んでいる場所とはおよそ似つかわしくないないその風景は、絵空事の様で

自分では夢だと思っていたけど、妙にリアル感のある夢だった。

夢なのか記憶なのか・・・・

その事を無邪気に母に告げると、「不思議やね」と笑っていた。

その笑顔の中にちょっとした影があるなんて、子供の自分にはわかるはずもなかった。

 
PREV BLOG LIST NEXT

PAGE TOP