Voice

PREV BLOG LIST NEXT

98190008.jpg
Hasselblad

ごぉーという音が空から聞こえてくる。
見上げると冷たい風が顔いっぱいにあたってすぅっとすり抜けていった。

*

学生の頃どうしてあれほど山が好きだったのか、なんであれほど登りたくなったんだろう。

多感な不安定な時期に独りになれる時間がよかったのかもしれない。

高校の時だが、一度だけ学校さぼって近くの山に登った。

夏の終わりで空は秋の様子、上ではもう赤とんぼが舞ってた。

それを眺めながら何を思っていたんだろう。

 
PREV BLOG LIST NEXT

PAGE TOP